★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:「あづ」のプチ図書館( 6 )

 神奈川県の箱根町にある「星の王子さまミュージアム」に行ってきました。
b0074017_18554329.jpgサン=テグジュペリが著した有名な童話「星の王子さま」の大ファンであるわたしが前からとっても気になっていた注目スポット。この帰国期間中にぜひとも!と思っていたわけではないのですが…家族旅行のついでに夢が叶いました。

 写真は作者サン=テグジュペリが生まれたフランス・リヨンの当時の町並みを再現した「王さま通り」




b0074017_18533748.jpg
「点燈夫の広場」。午後の太陽を浴びて街灯に灯がともったかのよう。
 「星の王子さま」は愛と責任をテーマにした世紀の名作。子供の頃は読んでも意味がわからず最後まで読み通せなかったのですが、大人になってから改めて読み返したら涙があふれてどうしようもなかった一冊です。あづの三大愛読書の中に入る大切な物語。特に、王子さまに「飼いならして」と言ったキツネのエピソード、そして王子さまと一輪のバラのやり取りが大好き。
 b0074017_18581771.jpgb0074017_18574251.jpg↓中国語では「小王子」。↓日本語訳本では内藤濯さんの訳が有名。









 親友からこの本をプレゼントされた時、わたしは人目もはばからず泣いてしまいました。自分を「飼いならして」くれる人、自分の井戸になってくれる人、自分にガラスの覆いをかけてくれる人、そんな人と将来出会えたら……。責任を持って愛してくれる人、その人のことを思い出すだけで心の浮き立つような人。この世界に、いやこの宇宙にきっといるに違いない。あづが「星の王子さま」に人一倍の思い入れがあるのは、この本を何度も読み返していたのがうつ病のひどい最中だったから。本を読むという得意分野にさえ疲労しか感じなくなっていたわたしの心がかろうじて受け入れたのがこの本でした。海辺まで車を走らせ、消え入るような文字で王子さまが消えていくシーンの文章を書き写していたのを思い出します。
 作者サン=テグジュペリは1900年生まれ。飛行家、ジャーナリストまた作家として活躍し、1944年最後の飛行中に消息を絶ちました。「星の王子さま」の最後には「もし今後どこかで王子さまに会った人がいたらわたしに知らせてほしい」といった一文が書かれています。この言葉に応じて「星の王子さま」の続編を書いたという人もいるほど。実はあづもそのひとりです。わたしが出会った「星の王子さま」の物語を次から載せますね。「星の王子さま」ファンでない方には退屈かもしれませんが、しばらくお付き合いください。
[PR]
by azu-sh | 2007-01-07 19:02 | 「あづ」のプチ図書館
When I loved myself enough
I learned to meet my own needs
and not call it selfish.

( 自分をちゃんと愛してみたら
  自分自身の要求を満たしてやることだって
  たいせつなんだとわかった。
  そしてそれを わがままとは呼ばないことも。)

b0074017_1142026.jpg
*ブックデータ*
書名:もっと自分を愛してごらん
著者:キム・マクミラン
訳者:河野万里子
発行:2002年
出版:文藝春秋


*著者について*
 この本を書いたキム・マクミランさんはアメリカの女性。この本を書いた数ヵ月後の1994年9月に52歳で亡くなりました。母親が書きためた手書きの詩を自費出版したのが娘さんのアリソン。それがニューヨーク五番街にある出版社の目にとまり、アメリカで新たに刊行されて次第に読者を増やし、後に翻訳されて世界中で愛されるようになりました。わかりやすい英語で書かれた短いフレーズには、著者自身がずっと探していた真の安らぎがいっぱい詰まっています。日本語訳の質の高さもすばらしいと思います。

*あづのコメント*
 久しぶりの<プチ図書館コーナー>ですが、今日は中国の本ではありません。あづが中国に引っ越してくる時、数ある愛読書の中から厳選して持参した本をご紹介します。
 一時期、日本でいわゆる「いやし系の本」が流行ったことがありました。わたしはホッとするような詩やセンスのよい文章を読むのが大好きなんですが、書店にずらっと並んだ「いやし本」はなかなか好きになれませんでした。本の体裁も添えられたイラストも確かに美しい、でも書いてある言葉が薄っぺらに思えるものが多かったからです。まるで見知らぬ著者から一方的に(わたしがあなたをラクにしてあげますよ)と言われているような感じがして違和感がありました。わたしの場合、「ラクになれた」と感じるのは「理解してもらった」時です。単に賢いアドバイスをきれいな言葉で語られても、そこに「読み手への理解」がないので心まで届いてこないのです。
 でもそんなひねくれ者がついに買ってしまった「いやし本」がこの本です。キム・マクミランさんのこの本はすべての詩が「When I loved myself enough」という言葉で始まっています。シンプルながら問題の核心をついている出だしです。自分を十分に愛すること。誤解されやすいフレーズですが、決してナルシスト的感情や自己中心的な意識を指しているのではありません。自分の存在を肯定し、自分の価値を認め、自分自身をいたわること。自ら自分自身の一番の味方、一番の理解者となること。
 キム・マクミランの詩は、長い時間をかけやっとの思いで“自尊心”を持てるようになった彼女の、自分自身へのいたわりの言葉です。「自分をありのままに愛してみたら 他人の救済者になろうなどとは 思わなくなった」と書いているくらいだから、“あなたを助けてあげましょう”という重い親切をみじんも感じさせません。だからあづの琴線に触れたのかな。前書きの部分で著者はこうも言っています。「ここに書きとめたのは、わたしが見つけた手がかりやヒントです。だからあなたには、ピンとこないものもあるにちがいありません。でも分かちあえるものも、きっとあるはず。」
 幸い、わたしには彼女と分かちあえるものがたくさんありました。読むたびに心の重石が取り除かれる気がします。今後もあづが引っ越すたびに持ち歩きそうな予感がする、大好きな一冊です。いい本との出合い、大切にしたいですね。

When I loved myself enough  もっと自分を愛してごらん
I no longer needed         すると「これで自分は安全」と思えるような
things or people           物とか 人とかを
to make me feel safe.       必要としなくなる。

When I loved myself enough  自分をちゃんと愛してごらん
I quit ignoring or            すると 自分の痛みを無視したり
tolerating my pain.          がまんしつづけたりはしなくなる。

When I loved myself enough  自分をありのままに愛してみたら
I could be at ease with the    批判も 絶望も
comings and goings of       来るときは来る
judgment and              去るときは去る それがわかって
despair.                   肩の力を抜いていられるようになった。
[PR]
by azu-sh | 2006-06-22 11:51 | 「あづ」のプチ図書館
*ブックデータ*                
書名:蓝莲花(日本語の題名は「青い蓮」)
著者:埃尔热(エルジェ)
発行:原版の刊行は1936年
出版:中国少年儿童出版社(日本語版は福音館書店)
価格:10元
対象:(エルジェいわく) 7歳~77歳の全ての若者
b0074017_9581199.jpg

*どんなお話?*
 本を読んだことはなくても、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ニッカーボッカーをはき、白い犬を連れた少年記者。そう!我らがタンタンです。タンタンの中国語名は“丁丁”(ディンディン)といいます。
 世界を飛び回り難問を解決していく大人気の「タンタンの冒険旅行シリーズ」、中でも「青い蓮」「タンタン チベットをゆく」の二巻は中国を舞台にした名作です。「青い蓮」の舞台は1930年代の“魔都”上海。日本軍による鉄道爆破、よからぬことを企む国際犯罪組織、そのアジトとなるアヘン窟……。犯罪の温床となっていた租界時代の上海で、タンタンは身の危険を冒しながらも正義のために闘います。タンタンの武器はその機転と善良な友人たち。ユニークな発想で軽々と難関を切り抜けるタンタンの知恵には、さすがの上海も脱帽です。
 時代背景ゆえにこの作品での悪役は「日本人」なのですが、すべての作品に共通しているようにエルジェの描き方からはあらゆる民族・文化への敬意と人類愛が感じられるため、さわやかで痛快な読み心地となっています。

*著者について*
 タンタンの生みの親、エルジェ(1907-1983)はベルギー・ブリュッセル生まれの有名な漫画家で「ヨーロッパコミックの父」とも呼ばれています。1929年から実に数十年かけて製作されたタンタンシリーズの登場人物は、そのほぼすべてが彼による創作。けれど、タンタンと交友を深める仲間の中にただ一人だけ実在の人物がいるというのはファンの間で有名なトリビア。それが中国人の張充仁(日本語版ではチャンと訳されている)です。張充仁(1907-1998)は上海・徐家匯出身の芸術家で、彫刻家また画家として世界的な成功を収めました。エルジェとは1934年にベルギーで知り合い、その作風と技巧はエルジェ自身にも大きな影響を与えたといわれています。世界で最も有名な記者タンタンと上海少年の厚い友情のドラマ。漫画の背景にあったこの実話を知ると、タンタンそして作者エルジェにとって上海がいかに特別な町であったかがよくわかります。(ちなみにあづは張充仁さんの水彩画が大好き♪タンタンの親友である彼についてはいずれ詳しくご紹介したいと思います。)

*あづのコメント*
 あづにとって永遠のスーパーヒーロー、タンタン。子供の頃から大好きで、日本語訳が出たらいつも欠かさず読んでいました。原宿までタンタングッズを買いに行ったり、中国でもタンタンTシャツを手に入れたり。上海に引っ越してきてから最初の数ヶ月で中国語版タンタンを全巻揃えてしまったほどの大ファンです。ここ上海で「青い蓮」を読み直した時に覚えた感慨は忘れることができません。わたしが今いるこの町をタンタンも歩いたんだと思うと胸がワクワクし、最後のページで上海・黄浦江から帰国するタンタンを見送るシーンでは自分もチャンと一緒に波戸場に立っているような気分になりました。
 わたしが1997年にハルピンで購入した「中国語版・タンタン」は紙質が悪くて印刷も荒く、絵はすべて白黒でした。でも現在中国の書店で売られている中国語正規版はオールカラーで、以前よりはるかに読みやすい翻訳になっています。なんといっても漫画ですから、緻密なイラストを眺めているだけでも楽しいし、多少中国語がわからなくてもストーリーについていけてしまうのがいいですね。
 あづにとって中国の絵本は帰国みやげの定番。中でも「タンタンシリーズ」は日本にも根強いファンが多いうえに薄くて軽く、一冊わずか10元というお手軽さ。タンタンファンの中には各国の訳本をコレクションにしている人も多いので、あづもおみやげに活用しています。中国語訳は既に20巻以上出ていますが、せっかくの上海みやげならぜひ“蓝莲花”(「青い蓮」)をセレクトしてね!
b0074017_9593169.jpg

[PR]
by azu-sh | 2006-05-11 10:05 | 「あづ」のプチ図書館
中国の人気童話作家・楊紅櫻さんへのインタビュー

Q:あなたの作品は子供たちの間で大人気ですが、その理由は何だと思われますか?
杨红樱:我觉得我是用孩子们的思维去思维,用孩子们的眼光去观察,用孩子们的语言去表达,我觉得他们在读我的书的时候,一读就懂,一下子读好多本,有阅读上的成就感。
 (楊紅櫻:私は子供の思考で考え、子供の目線で観察し、子供の言葉で表現します。ですから子供たちは内容を簡単に理解できますし、あっというまに何冊も読めてしまうので読書の達成感があるのだと思います。)

Q:「ハリー・ポッター」のような冒険物語やファンタジーものなど様々な児童文学がある中で、子供にとって本当に有益な本をどのように選んであげたらよいと思われますか。
杨红樱:我觉得最关键是小孩子喜欢,根据他们的年龄特征,他们喜欢想象比较丰富的,他们也喜欢反映他们现实生活的作品。就像他们有两只翅膀一样,一只是想象的翅膀,一只是现实的翅膀,一颗童心就可以让他飞翔起来。
 (楊紅櫻:最も大切なのは子供が好きかどうか、ですね。子供たちは年齢的に空想の世界が大好きですし、現実の世界を描いた作品もまた好きなのです。想像と現実という二枚の翼さえあれば子供の心はどこまでも自由に飛んでいけるのですよ。)

Q:我が家の娘は「白雪姫」を読んでから魔女のほうを気に入ってしまい白雪姫は嫌いだと言うのですが……子供の読書に対し親は一体どういった指導をすればよいのでしょう?
杨红樱:我觉得这个家长的意思是,这个巫婆代表恶,白雪公主代表善,为什么这个小孩喜欢恶,不喜欢善?也许这个巫婆的造型,巫婆的一个什么魔术,他喜欢。但他没有那么严重,喜欢到两个那么重大的概念。我估计这个小孩是某一方面,比如喜欢巫婆戴的帽子,巫婆穿的鞋子。我觉得这个家长不用那么担心,他的孩子有可能只喜欢巫婆的某一方面,比如巫婆的长指甲什么的。
 (楊紅櫻:この親御さんの言いたいことはたぶん、「魔女は悪の象徴、白雪姫は善の象徴であるのになぜうちの子は善より悪が好きなのだろう」という意味でしょうか。もしかしたら娘さんは魔女のおばあさんの外見や魔法に魅かれたのかもしれません。子供にとってはどちらを好きであることが正しいとか、そんなに深い意図はないのです。おばあさんのかぶっていた帽子がよかったとか靴がすてきだとか。ですから親御さんはそんなに気をもむ必要ないんですよ。子供さんはあくまで魔女のある一面、例えば長いツメなんかを気に入っただけなんですから。)

Q:あなたが最も重視しているのは誰からの評価ですか?
杨红樱:我更愿意听的是孩子们的评价,如果大人觉得我写的好,我当然高兴。但如果孩子喜欢,孩子对我的评价,我是最看重的。
 (楊紅櫻:私が一番聞きたいと思っているのは子供たちによる評価です。大人が私の作品を認めてくれるのはもちろんうれしいことですが、何より子供たちが好きと言ってくれること、彼らの評価こそ私が最も重視しているものです。)

(注:この記事は2004.4.9付の新浪網より抜粋翻訳したものです。by azu)
b0074017_1151739.jpg

[PR]
by azu-sh | 2006-04-28 11:06 | 「あづ」のプチ図書館
*ブックデータ*                
書名:那个骑轮箱来的蜜儿
著者:杨红樱(中国・四川)
発行:2004年
出版:作家出版社(日本語版なし)
価格:15元
対象:小学校中学年~高学年            
備考:巻末に「中国新聞出版報」の記者による著者との対談実録あり。
b0074017_1759076.jpg

*どんなお話?*
 臆病で引っ込み思案の孟小喬(モン・シャオチアオ)は小学校五年生の女の子。彼女の家ではこれまで十六人もお手伝いさんを雇ったのに、一家のわがままとママのヒステリーに愛想をつかし誰も長続きしませんでした。そこへ現れたのがミステリアスな蜜儿(ミーア)という女性。人の本心をのぞける魔法のメガネ、姿を透明にできる奇妙なストールを持ち、空中に浮かび上がって照明器具の掃除をする蜜儿はまるで中国版メリー・ポピンズ。子供たちのコンプレックスを長所に変え、ストレスでさえ笑いに変えてしまう不思議な力を持った蜜儿、もしかして伝説の仙女?

*著者について*
 この本の著者である“中国の童話王”楊紅櫻さんは四川省の成都生まれ。小学校の教師を七年務め、さらに七年間児童文学編集に携わった経験を持つ、子供好きの優しいお母さんです。受け持ちクラスの子供たちに読み聞かせるために書いた童話を世に発表するよう勧めてくれたのは、ほかでもない自らの教え子だったそう。こうして外国童話の翻訳本が圧倒的に多かった中国の児童文学界に、中国人作家によるベストセラーシリーズがついに登場。一万冊出版されたら上出来といわれるジャンルにおいて、彼女の出版部数は既に七百万冊を越えています。(楊紅櫻さんへのインタビュー記事も当カテゴリにアップしますのでぜひご覧くださいね。)

*あづのコメント*
 「楊紅櫻童話シリーズ」は全部あづのおすすめですが、この本はその中でも一番最初に出会ったお気に入りの一冊です。中国の小学生の学校生活や放課後ライフ、友達関係や両親とのやり取りをまるで映像を見ているかのように楽しむことができます。(そういえば先日バスの中で見かけた下校中の小学生、熱心に読みふけっていたのはこの「楊紅櫻童話シリーズ」でした。)
 どこかの国も似たようなものですが、とりわけ中国の学校教育では「ほめるより批判」「過程より結果」「個性より順位」が重視されているようです。しかしこの本は、人の価値が外見や成績表で決まるわけではないこと、机にかじりついて教科書を読むだけが勉強ではないことを教えています。両親の離婚危機、多動症のクラスメート、貧しい農村からの転校生なども登場し、子供の社会を取り囲む多種多様な問題にスポットをあてているのも必見。
 「余裕を失った現代っ子たちに喜びを返してあげたい」。子供を愛する一教師が現代社会に突きつけた挑戦状のようにも取れる、中国にしては斬新なタイプの現代学園童話。子供同士の会話が多く(口語を学ぶのに最適!)表現描写が直接的なので、中級以上の中国語学習者にとっても良い読み物教材といえます。
[PR]
by azu-sh | 2006-04-27 17:56 | 「あづ」のプチ図書館
 「あづのプチ図書館☆中国童話コーナー」へようこそ! 
 このカテゴリでは、“三度の飯より童話の好きな”私「あづ」が、中国現地で読まれている旬の人気シリーズ本・翻訳本をピックアップしてご紹介します。自分が実際に読んでみて本当によかったものだけを、率直な感想と共に記事にしたいと思っています。
 ……「オトナが童話を手に取るなんてハズカシイ」って?ちっともそんなことないですよ。子供向けに書かれたやさしい童話の中にこそ、その国独特の思想や価値観、教育方針や社会問題がリアルに描かれているのです。中国語を勉強中の方もそうでない方も、童話の中の「中国」をぜひのぞいてみてください。
 あづの好きな中国の作家も言っています。
“让更多的人来看好童话好故事吧,一种好习惯对一个民族整体文化都是有提升作用的。”(「もっと多くの人がよい童話に触れるようであってほしい、そのよい習慣は一民族の文化全体を向上させることになるのだから。」童話作家・楊紅櫻)

b0074017_21231839.jpg

[PR]
by azu-sh | 2006-04-27 17:42 | 「あづ」のプチ図書館