★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:「あづ」の上海観光局( 17 )

 タイトルは「通りすがりの方、どうぞお見逃しなく!」ですね。わたしが上海にいた頃、100円均一ならぬ「2元均一」や「10元均一」のお店が大好きでした。入口で呼び込みトークが大音量で繰り返し流されているのです。
「样样两块,通通两块,走过路过,千万不要错过!」
 あづのお目当ては安いピアス。30円~140円でこんな個性的なピアスが買えるんだから、ついハマっちゃいます。
10元ピアスコレクション。↓ 光り物、好きなんです。
b0074017_1521549.jpg
b0074017_153078.jpg
b0074017_1533440.jpg

これは2元均一で買いました。↓ チャイナ服にどうかな?
b0074017_15409.jpg

バンコクのカオサン通りで買った少数民族手作りピアス。↓
b0074017_1542552.jpg

 どれも見るからにチープですが、大きくて派手なピアスが好きなわたしのちょっとした戦利品。またピアスを仕入れに中国行きたいなぁ~~☆
[PR]
by azu-sh | 2010-01-09 15:12 | 「あづ」の上海観光局
上海の小吃といえばショーロンポーでしょう。黄河路の「佳佳湯包」へ食べに行きました。作っても作っても飛ぶように売れてしまい、まだ明るいうちに一日の分を完売してしまうという人気店。確実に食べられるよう、朝から並びました。狭い店内、テーブルは他のお客さんたちと相席です。できたてのショーロンポーをやけどしないように上手に口に運びます。熱い!
b0074017_12385186.jpg

これが「佳佳湯包」のメニュー。お肉を使った普通のショーロンポーが一蒸篭7.5元(約97円)、蟹入り肉になると19.5元(約253円)、これが蟹オンリーになるとなんと81元(約1053円)…。どんなにすごいものなんだろうか。ショーロンポーは昔上海に住んでいた時よく食べていましたが、もっとチープでもっとおいしかったのにな…?!(><;)
b0074017_12392329.jpg

あづが上海で一番好きなレストランは古北にある「鹿港老鎮」!…ここはその支店で、淮海路にある「鹿港氷鎮」です。メニューは同じ。おいしい台湾・中華料理が食べられてスイーツも充実!これは辛すぎたけどね。だんながオーダーして一人で完食した激辛の水煮牛肉。わたしは無理だった…(T T)
b0074017_12395525.jpg

でも冷たいスイーツはがんがん行きましたよ!連日お店に現れて同じものを頼むので、お姉さんに顔を覚えられてしまったが…(*0*)上海は香港・台湾と比べてしまうと、まだまだスイーツ開拓の余地あり。
b0074017_12401750.jpg

これは有名な呉江路の「小楊生煎館」。昔は知る人ぞ知るって感じのおいしい穴場だった呉江路が、観光情報誌のページを割くほどの一大観光地になってしまったのはなんとも寂しいような…。素朴な路地だった通りが、今はまるで台湾の夜市のよう。そして一番残念なのは呉江路の名物、小楊生煎の味が落ちてしまったことです…。ご覧のとおり、行列は健在なのですが…。
b0074017_12404981.jpg

作っているところを見るのは好き。手際よくてリズミカルで楽しい。
b0074017_12411265.jpg

一個が大きくなって、価格が上がって、味が落ちたこの生煎包(焼きショーロンポー)。昔はおいしさにビックリして夢中になって食べてたけど、この間は残してしまったよ…(- -;)前は上海アテンドコースに必ず入ってたこの店も、もう友達に紹介する気がなくなりました。残念…(泣)
b0074017_12413656.jpg

さてさて、上海料理ではありませんが、中国に行ったら一度は食べてみたいのが「北京ダック」。わたしの大好物です。北京が本場の「全聚徳」で、まるまる太ったダックの丸焼きを堪能しましょう。コックさんが目の前で切り分けてくれます。
b0074017_12514137.jpg

皮にダックとねぎを巻いて、味噌ダレをつけて豪快にかぶりつきます。至福の瞬間。こんなにおいしいものがあっていいの~?というくらい、大好きです。でも「全聚徳」は北京ダック以外のメニューがまるでブーなのです。メニューを見てもおいしそうじゃないし、やっと選んだサイドメニューも悲しい味でした(T T)
b0074017_124945100.jpg

しかし!上海にも昔から変わらない超おいしいおやつがあります!それはマクドナルドのタロイモパイ(香芋派)!これが日本に上陸したら絶対大ヒットすると思う!外はサクサク、中は紫色の甘いタロイモ。もうたまりません!中国のマックに行ったらぜひお試しあれ!
b0074017_1250985.jpg

[PR]
by azu-sh | 2009-12-18 14:02 | 「あづ」の上海観光局
上海で泊まったユースホステルには商人(あきんど)猫がい~っぱいいました★
b0074017_1102596.jpg

「おーいっ日本のお客さんっ、208号室はここのドアだよ、わかってるぅ~?」
b0074017_173960.jpg

猫に先導されてドアを入ろうとする、でもちょっと上を見上げたら…!びっくり!
b0074017_195956.jpg

あっマリオットが見える!五つ星ホテルの足元にある民家みたいな小さな安宿♪
b0074017_185887.jpg

旅人を出迎え、旅人を癒し、旅人の話し相手をし、旅人を送り出す、宿の猫たち。
[PR]
by azu-sh | 2009-12-01 01:19 | 「あづ」の上海観光局
前回二人旅に行く時、実はこんな目標がありました。
「上海とバンコクのスタバでご当地マグカップを手に入れる!」
行きましたよ^^スタバ!日本ではめ~ったに入らないのに(笑)
バンコクでは二軒入りました。ここはカオサン通り店!
b0074017_114267.jpg
空調が効いていて快適、おしゃれな一人がけソファとテーブルと調度品、数少ない午後のお客はみんな外国からの旅人。しかし我々の目指すもの、なし!

「上海にはきっとあるよね。見たことあるもん」
「小さいサイズのカップがあるといいね。スタバの大きすぎるから」
上海でおそるおそる近所のスタバに入ってみる。
目的はコーヒーじゃないの、ごめんね~笑顔の店員さん…
ほらね、あったよ、あった~~~♪
b0074017_1252725.jpg

b0074017_1262439.jpg
Chinaドラゴンはダンナさまのお気に入り。
そしてこちらの…ShanghaiマグをあづGET!!
高さわずか6センチ、ほしかったミニマグ!!








b0074017_12793.jpg
Shanghaiマグの後ろデザインはこんな感じ!
このさりげない東方明珠のシルエット!きゃー、上海好きにはたまらないナイスみやげでした★
[PR]
by azu-sh | 2009-11-27 01:45 | 「あづ」の上海観光局

数年前の風景ですが…

あづのパソコンの壁紙になっているのは、やっぱり上海の夜景!壮観です!
b0074017_045233.jpg

振り向けば、外灘の建築群が立ち並ぶ。タイムトラベラーになれる。
b0074017_0475138.jpg

なつかしいね。88階建ての金茂大厦から跳伞比赛。着地点の芝生前で見てた。
b0074017_0502520.jpg

[PR]
by azu-sh | 2009-10-25 00:51 | 「あづ」の上海観光局
b0074017_15254694.jpgあづが大好きだった新天地の路地。まるであの頃にタイムスリップしたような錯覚。出会い、再会、友情、旅情、恋の始まり…わたしはここであなたを見つけた。













チープで雰囲気の良いユースホステルに泊まりました。
b0074017_1527096.jpg

b0074017_15283387.jpg
世界中から上海にやってくるバックパッカーたちのため、今週の天気予報が書かれています。ピカピカのお日様マークがうれしい!















昔はこれが苦手だったけど、今はむしゃぶりついちゃうのよねー。(^^)
b0074017_1529625.jpg


朝ごはんはなつかしの煎饼を。でも香菜は入れないで!!(T T)
b0074017_15294761.jpg





















淮海路を走る二階建て観光バス。911路線。乗ってみたかったね!
b0074017_15302588.jpg

200回目の投稿でした^^v
[PR]
by azu-sh | 2009-09-05 15:54 | 「あづ」の上海観光局
 六月、新婚旅行を兼ねて上海に里帰りしました。上海を離れて二年、大好きだった町を偲ぶ気持ちが抑えられず、「上海」というフレーズを聞くだけで涙腺が緩んでしまうわたし。「上海は今もそこにある」、せめてそれを自分の目で確認すれば、きっと吹っ切れる。「いつまでも懐かしがって泣いているより、一度行ってみよう!」そう思って計画した今回の上海旅行。…行ってみて正解でした。上海が「あづ、おかえり!待ってたよ!」って迎えてくれたようで、着いた瞬間から幸せな気持ちがこみ上げてきました。今回は出会いの旅ではなく、再会の旅。会いたくてたまらなかった人たちに片っ端から連絡を取って、時間を惜しんで再会を喜び合いました。何よりうれしかったのは、わたしが上海で10ヶ月間一緒に暮らした、「上海爸爸&上海妈妈」ことサンヘーパパとサンヘーママ、そしてジエジエに再会できたことです。わたしにとって上海で一番大切な隣人たち。思えば、あづが「サンヘーブログ」を始めたのも、彼らとの日常生活を永久保存したかったから。数年ぶりに「上海の実家」に帰ってきたわたしを、上海人家庭らしい昼食でもてなしてくれました。
b0074017_15213158.jpg

 わたしがいつも通勤で乗っていたバスに乗り、わたしがマンションを借りた不動産屋さんの前を通り、わたしが買い出しに行っていた野菜市場にも行きました。

b0074017_15342060.jpgなつかしい!長細い茄子!これでよく鱼香茄子を作ったものでした。









b0074017_15354459.jpgきれいに並べられた茭白(マコモ)!これは鱼香肉丝に欠かせません。









b0074017_15383067.jpg杨梅(ヤマモモ)もよく食べました。




















b0074017_15434636.jpg
 だんながこんなものを見つけました。一体なにもの?!
[PR]
by azu-sh | 2009-08-01 15:46 | 「あづ」の上海観光局
 豫園の向こうに88階建ての金茂ビルが見えていたのは知ってたけど、その隣りに建設中の世界一高いビルがもう姿を現していました。
b0074017_15485612.jpg

 豫園商城の中の小物屋さん。
b0074017_15502547.jpg

 上海老街の茶館。
b0074017_15515363.jpg

[PR]
by azu-sh | 2007-11-08 15:53 | 「あづ」の上海観光局

上海人になったわたし 

 ちょうど一年前、わたしは上海の精神病院で入院していました。今回の上海旅行で、その頃お世話になった人たちに再会することができました。わたしはうつ病と「解離性障害」という病気になって入院していたのですが、その頃の(今となっては)笑い話をたくさん聞かされました。

 解離性障害になると主人格とは別に別人格が現われます。別人格になっている時の記憶はほとんどありません。友人の話によると「別人格のひとつは“上海人あづ”だったよ。上海人になっている時は上海語で看護婦さんとけんかしてたよ」とのこと。えっ、わたしの別人格は上海人だったの??おそるべし、サンヘーウイルス。当時の入院仲間と連絡を取りたかったのですが電話が通じませんでした。残念!
b0074017_21114996.jpg


 藍染の服を物色。
b0074017_21144351.jpg


 毛沢東Tシャツもなつかしいなぁ。
b0074017_21154194.jpg


 大好きな中国シットコム「家有儿女」のDVDも買ってきました。いぇーい!
b0074017_21201052.jpg


 もう一度上海に戻りたい。今回の旅行で強くそう思いました。早く健康を回復して日本で貯金を作って、また上海に復帰したい。希望を持って病気と取り組み、たとえ何年先になっても上海に帰ってきたい。そう思った一週間でした。
[PR]
by azu-sh | 2007-10-21 21:24 | 「あづ」の上海観光局
 行ってきました、大好きな上海へ。交通費は以前の会社持ちで、という贅沢な一週間でした。毎日とても楽しくてあっというまに時間が過ぎていきました。上海の友達に会ったり、大連や重慶、福建にまで電話をかけまくったり…みんなで再会(?)を喜び合い、懐かしい思い出に浸ってきました。

帰ってきたー豫園だー☆
b0074017_18245523.jpg

うんうん、変わってない。
b0074017_18261970.jpg

中国の香りが単純にうれしい。
b0074017_18275771.jpg

食べてきました、上海ガ二!
b0074017_1828573.jpg

上海に笑顔で「おかえり」と言ってもらえた。幸せなひとときでした。
[PR]
by azu-sh | 2007-10-17 18:31 | 「あづ」の上海観光局