★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我有个朋友想认识你,我觉得他很不错,就把你的手机号给了他,他明天应该会去找你,记住争取让他留在你身边,我想让他陪你一辈子,他的名字叫快乐!
(わたしの友達があなたと知り合いたいって。彼はとてもいいやつだと思うからあなたの携帯番号を教えといたわ。明日あなたに会いに来ると思うから、できるだけ引き留めてね。彼が一生あなたに付き添ってくれるといいと思う。彼の名前は“喜び”だよ。)

↑先日上海にいた時に友人がわたしの携帯に送ってくれた短信(ショートメッセージ)です。読みながら内心ドキッとしました。一体誰なんだ?、ってね。(笑)

こんなのもありました。
你是我的全部你知道不?你是我的最爱你知道不?你是我的生命支柱你知道不?你是我活着的理由你知道不?我发错了你知道不?
(知ってる?あなたはわたしのすべて。知ってる?あなたはわたしの最愛の人。知ってる?あなたはわたしの命の柱。知ってる?あなたはわたしの生きる理由。知ってる?わたしこのメール送り間違えたの。)
b0074017_18324153.jpg

わたしが住んでいたアパートです。いい思い出をありがとう。
[PR]
by azu-sh | 2007-04-30 18:34 | 「あづ」の一筆コラム
 上海で髪を切りた~い!(安いから)
 今回上海で、「洗・剪・吹」(シャンプー・カット・ブロー)で15元(約230円)という店に入ってみました。椅子に座ったままシャンプー液を頭につけてソフトクリームのように泡立てて髪を洗います。シャンプー台で流した後、長かった髪をばっさり切ってもらいました。
 日本人だ、と話したら早速給料を尋ねられました。(笑)
b0074017_18523361.jpg

 バスに乗ってお出かけ。
b0074017_1853539.jpg

 淮海路で。懐かしい景色。
b0074017_18553865.jpg

 今回、三年間暮らした上海を離れて日本に帰国するという決定を下しました。当初は今夏にまた上海に戻って就職する予定だったのですが、今回上海に着いてからわたしのうつ病がとたんにぶり返しそうになったのです。全身の違和感を感じながらまだ十分に健康になっていなかったことを思い知りました。危険を冒して上海にいるよりも日本に帰ってきちんと治療しよう、と思い直したわけです。二週間で先の計画がすっかり変わってしまいましたが、これでよかったのだと思っています。大好きな上海と別れるのは寂しいけれど、健康ならまた来られるから。元気になるために、努力します。
[PR]
by azu-sh | 2007-04-27 19:27 | 「あづ」の一筆コラム

ただいま! <コラム>

 ただいま!上海から戻りました★
この二週間の間に日本への引っ越しも済ませました。当初、上海から引き揚げてしまうつもりはなかったのですが、今回実際に上海に行って「まだ時ではない」と思ったのです。つまり、今の自分は上海で就職し生活をやっていけるだけの健康状態にないということがわかったのです。とっても残念でしたが、この二週間をもって上海生活としばしお別れすることになりました。
 上海の友人には「二、三年のうちに戻ってきたい」と言って別れてきました。中国人の親友は最後にこんなメールをくれました。
只要你心里有目标,不要放弃,我的朋友AZU一定会再来的!身体健康最重要!加油哦!
(目標を持ってあきらめない限りわたしの友達「あづ」はきっとまた来られるよ!健康が第一!がんばって!)
がんばります。さようなら上海、また会う日まで。
b0074017_9412563.jpg

[PR]
by azu-sh | 2007-04-24 09:46 | 「あづ」の一筆コラム
b0074017_2174480.jpg
二週間だけですが上海に行ってきま~~す!!
元気に帰ってくるから待っててね!!
[PR]
by azu-sh | 2007-04-08 21:08 | 「あづ」の一筆コラム
 難破船。思い出の場所です。
b0074017_1484862.jpg

 子供の頃、夜の海を見るのが怖くてたまらなかった。
明かりのない世界、吸い込まれそうな暗闇が恐ろしかった。
かなり大きくなってやっと黒い海を凝視できるようになった。
海の近くで育ったから、優しい波のざわめきが懐かしい。
波しぶきだけが白く光る、夜の荒れた海もまた、今となっては懐かしい。
[PR]
by azu-sh | 2007-04-07 14:21 | 「あづ」の一筆コラム
 超!久しぶりにホームステイ時代の話です。最近インフルエンザの治療薬のことがさんざんニュースになっていますよね。それで思い出しました、上海でインフルエンザになった冬。あの頃はまだサンヘー家族と同居していました。

 原因は会社の上司でした。二月に日本に短期出張をしていた彼女、当時日本で大流行していたインフルエンザを持って上海に帰ってきたのです。そして会社で40度の発熱。わたしが同じ部屋にこもって看病していたせいで、出張みやげのウイルスをばっちりもらってしまいました。
 二日後、わたしも突然の高熱に倒れてしまいました。ちょうど週末で友人の結婚式に行く予定にしていたのにとても無理。ベッドから動けません。サンヘーパパ(わたしのホームステイ先のお父さん)が心配げにわたしのほうをチラチラ。「あづ、体温計持っているのか」「持ってない」「じゃあ、これで計ってみなさい」。
 見づらい体温計で計ると40度。あわてたサンヘーママが「もう夜だけど今から病院に行くわよ、ほらコート着て」「病院って近いの?」「すぐそこだから」。わたしは高熱でまっすぐ歩けない状態なのでタクシーに乗りたかったのですが、サンヘーママはとっとこ早足で先を歩いていきます。「ま、待って…」40度の熱を出したまま寒い冬の夜道を二十分ほど歩かされてようやく「新華医院」に到着。熱も上がってもうふらふらでした。
 診察を受けるとただの風邪。中国では流行っていないインフルエンザだったのだから仕方ないとはいえ(誤診だ!)と思いました。正真正銘のインフルエンザだってば…。点滴や薬代、注射代全部含めて480元も請求されました。わたしがあえぎながら「わたし…300元しか持ってない…これじゃ高すぎる」と言うと「不服ならもう一度診察室に行って処方を書き換えてもらって」と処方箋をつき返されました。二回目、診察室に行くと処方が変わり、お会計280元に。それでも高いと感じたわたしが文句を言うと、「それならもう一度処方を書き換えてもらって」。三回目、診察室に行くと今度はなんと処方が注射一本に変わり、お会計1.4元に。480元から1.4元に下がったのがどうにも可笑しくて、ぜーぜー咳き込みながら苦笑しました。

 でも風邪用の注射一本でインフルエンザが治るはずもなく、40度の熱が五日間も続きました。サンヘーパパもサンヘーママもおろおろ。ついにサンヘーママが一番近所の「地段医院」に連れて行ってくれました。ここは本当にローカルな病院で診察も上海語オンリーです。日本人だとばれたら診てもらえないかもしれない。サンヘーママはわたしの中国名で受付を済ませ、医師に聞かれると「親戚のコです」と言ってごまかしてくれました。(笑)それから三日間、五十人ほどのお年寄りに混じってわたしも点滴をする羽目に。風邪を引いたら点滴、というのは中国では常識のようです。だからインフルエンザだってば…。

 結局適切な治療ができなかったせいで思いきりこじらせてしまい、動けるようになるまで三週間、声が元通りになるまで二ヶ月もかかってしまいました。日本産のインフルエンザ、中国で発病するととんでもないことになります。くれぐれも気をつけましょう。
[PR]
by azu-sh | 2007-04-05 15:29 | 「あづ」の中国ホームステイ
 四月ですね。のどかな陽気で心もポカポカしてきます。
 四月といえば入学シーズン。わたしにとって一番思い出深かったのは高校の入学式です。約二倍の競争率をくぐって合格した春。制服のない自由な校風の学校で、授業に中国語を取り入れたりして当時としては斬新な高校でした。わたしは入学者代表として入学式であいさつをしたのですが、当時夢中になって習っていた手話を使ってスピーチしたんです。何としゃべったのか今となっては記憶にありませんが、「高校に入って中国語をやるのが楽しみ」と言ったような。(笑)
 高校時代は中国語との出会いにハルピンへの短期留学、創作童話の投稿、初めてのアルバイトなどなかなかエキサイティングでした。中でも一番よかったのは一生付き合える友人ができたこと。
 昨日も高校時代の友人の家に行ってきました。もう結婚していて旦那さんと二人暮らし。一緒に夕食を囲んでいろんな話をしました。休養中で家にこもりがちなわたしを時々外に連れ出してくれるのも彼女。カラオケに行ったり、海沿いのレストランにランチに行ったり。昨日は桜の咲く道を歓声上げながらドライブしてきました。
 記憶は色あせていくけれど友情は色濃くなっていく。
 桜を見ながらそんなことを思いました。
b0074017_15521846.jpg

[PR]
by azu-sh | 2007-04-03 15:53 | 「あづ」の一筆コラム
国際列車の中で。カップラーメン、おいしそう。お口になんかついてるよ。
b0074017_12191494.jpg

香港のイベントホールで。ちょっとはにかんじゃった、かわいい出会いでした。
b0074017_12215532.jpg

[PR]
by azu-sh | 2007-04-01 12:32 | 「あづ」の一筆コラム