★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中国語の聖書にも書いてある。
不要说:“为什么以前的日子比现在好?”你这样问没有智慧。
(传道书7章10节)
「昔の方がよかった」と言ってはならないって。
わたしが生きているのは「今」。わたしが生きていくのは「未来」。
人はひとつの方向にしか歩けない。
ならば、前を向こう。
背筋をしゃんと伸ばして、息を深く吸って、足を高く上げて。

ほんとはね、こわいよ。
立ち止まりたいよ。うずくまってしまいたい。
ほんとはね、あの頃に戻りたいよ。
お願い。誰か教えて。
何と引き換えに昔みたいになれる?
b0074017_173780.jpg

いつしかわたしの青い春は終わり、今は何もかも失ってしまった。
あの街に向かって開かれていた自由の扉は、もう既に時遅し。
堅く閉ざされた門の前でどんなに呼ばわっても、戸は開かない。
わたしが愛してたあの小路に、もう一度会いたいだけなのに。
飴がけ苺をほうばっていた、あの街角に立ちたいだけなのに。

「昔の方がよかった」
そんなセリフを繰り返すだけの無味乾燥なわたしにはなりたくないんだ。
外国に行くガイドブックを読んで、二時間泣いた挙句、雑誌を破った。
行き所のない涙で枕を湿らせて、自分は何のために生きたいのか考えてる。
そう、考えてる。睡眠薬の効かない回らぬ頭で、朝までずっと考えてる。
考えることで免除してもらえるなら、わたしはずっと考え続けるから。
[PR]
by azu-sh | 2009-10-31 01:04 | 「あづ」の創作小部屋

数年前の風景ですが…

あづのパソコンの壁紙になっているのは、やっぱり上海の夜景!壮観です!
b0074017_045233.jpg

振り向けば、外灘の建築群が立ち並ぶ。タイムトラベラーになれる。
b0074017_0475138.jpg

なつかしいね。88階建ての金茂大厦から跳伞比赛。着地点の芝生前で見てた。
b0074017_0502520.jpg

[PR]
by azu-sh | 2009-10-25 00:51 | 「あづ」の上海観光局
サワディッカー★タイのバンコクに行ってきました。上海に行く予定を立てていたところ、調べてみたら中国一カ国に行く航空券より、中国・タイの二カ国に行く航空券の方が安かったんですね。なんだかお得な話でしょう?こうして、あづが前からずっと行ってみたかったタイ旅行が実現しました。わたしは海外といえば中国語圏しか行ったことがなく、中国語が通じない外国に行くのはなんとこれが初めて!どんな景色、どんな笑顔に出会えるかとっても楽しみ!
行きの飛行機の中で隣に座ったのはタイの青年。
b0074017_13455535.jpg

タイはフルーツの王国!街角のカットフルーツ屋さんを覗くと、見たこともない南国の果物がきれいにカットされて売られています。ほら、さっそくドリアンの香りが漂ってきました。
b0074017_1455198.jpg

やっぱりマンゴーは産地で熟れたてを食べるのが最高!
b0074017_1403149.jpg


b0074017_1431852.jpgこれはフレッシュマンゴーと甘いもち米のタイ・スイーツ、「カオニャオ・マムアン」。











b0074017_14101799.jpgこれこれ!うわさに聞いていた「ワーイ(合掌)」をしているマクドナルドのドナルド!日本にもあるのに、海外でもチェックしたくなるのがマックのメニューですよね。わたしがいつも気になるのはパイの種類。日本ではパイといえばアップルパイ、と相場が決まっているけれど、中国ならタロイモパイ、タイならとうもろこしパイ、珍しいメニューに出会えます。






鶏を豪快に茹で、茹で汁でごはんを炊いたタイ名物「カオマンガイ」、プラトゥーナム市場の近く、ピンクのユニフォームで有名な人気店で食べました。おいしい!うちのだんなさんは「おかわり!!」
b0074017_14301793.jpg

タイで一番印象的だったのは、目を合わせるとニッコリと微笑んでくれる屈託のない笑顔!さすが「微笑みの国」と呼ばれるだけあって、みんなとても愛想がよくて人なつっこく、思わずこっちまで笑顔になっちゃう。タクシーの運転手さんも、マッサージ屋のお姉さんも、スタバの店員さんも、露天商の聾唖の売り子も、ユースホステルのスタッフも、みんな満面の笑顔!いやされます~^^それからもうひとつ印象的だったのは、老若男女問わず人々がとても敬虔だったことです。街の一角にお堂があれば、ミニスカートを履いた今どきの女の子も、一旦足を止めてそっと手を合わせていく。信仰心の息づく街ゆえに、あの礼儀正しさと人への気遣いがあるんでしょうね。コープンカー(ありがとう)、タイランド!
スクムビットの交差点で。
b0074017_14293942.jpg

[PR]
by azu-sh | 2009-10-02 14:12 | 「あづ」のアジア観光局