★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

上海の小吃といえばショーロンポーでしょう。黄河路の「佳佳湯包」へ食べに行きました。作っても作っても飛ぶように売れてしまい、まだ明るいうちに一日の分を完売してしまうという人気店。確実に食べられるよう、朝から並びました。狭い店内、テーブルは他のお客さんたちと相席です。できたてのショーロンポーをやけどしないように上手に口に運びます。熱い!
b0074017_12385186.jpg

これが「佳佳湯包」のメニュー。お肉を使った普通のショーロンポーが一蒸篭7.5元(約97円)、蟹入り肉になると19.5元(約253円)、これが蟹オンリーになるとなんと81元(約1053円)…。どんなにすごいものなんだろうか。ショーロンポーは昔上海に住んでいた時よく食べていましたが、もっとチープでもっとおいしかったのにな…?!(><;)
b0074017_12392329.jpg

あづが上海で一番好きなレストランは古北にある「鹿港老鎮」!…ここはその支店で、淮海路にある「鹿港氷鎮」です。メニューは同じ。おいしい台湾・中華料理が食べられてスイーツも充実!これは辛すぎたけどね。だんながオーダーして一人で完食した激辛の水煮牛肉。わたしは無理だった…(T T)
b0074017_12395525.jpg

でも冷たいスイーツはがんがん行きましたよ!連日お店に現れて同じものを頼むので、お姉さんに顔を覚えられてしまったが…(*0*)上海は香港・台湾と比べてしまうと、まだまだスイーツ開拓の余地あり。
b0074017_12401750.jpg

これは有名な呉江路の「小楊生煎館」。昔は知る人ぞ知るって感じのおいしい穴場だった呉江路が、観光情報誌のページを割くほどの一大観光地になってしまったのはなんとも寂しいような…。素朴な路地だった通りが、今はまるで台湾の夜市のよう。そして一番残念なのは呉江路の名物、小楊生煎の味が落ちてしまったことです…。ご覧のとおり、行列は健在なのですが…。
b0074017_12404981.jpg

作っているところを見るのは好き。手際よくてリズミカルで楽しい。
b0074017_12411265.jpg

一個が大きくなって、価格が上がって、味が落ちたこの生煎包(焼きショーロンポー)。昔はおいしさにビックリして夢中になって食べてたけど、この間は残してしまったよ…(- -;)前は上海アテンドコースに必ず入ってたこの店も、もう友達に紹介する気がなくなりました。残念…(泣)
b0074017_12413656.jpg

さてさて、上海料理ではありませんが、中国に行ったら一度は食べてみたいのが「北京ダック」。わたしの大好物です。北京が本場の「全聚徳」で、まるまる太ったダックの丸焼きを堪能しましょう。コックさんが目の前で切り分けてくれます。
b0074017_12514137.jpg

皮にダックとねぎを巻いて、味噌ダレをつけて豪快にかぶりつきます。至福の瞬間。こんなにおいしいものがあっていいの~?というくらい、大好きです。でも「全聚徳」は北京ダック以外のメニューがまるでブーなのです。メニューを見てもおいしそうじゃないし、やっと選んだサイドメニューも悲しい味でした(T T)
b0074017_124945100.jpg

しかし!上海にも昔から変わらない超おいしいおやつがあります!それはマクドナルドのタロイモパイ(香芋派)!これが日本に上陸したら絶対大ヒットすると思う!外はサクサク、中は紫色の甘いタロイモ。もうたまりません!中国のマックに行ったらぜひお試しあれ!
b0074017_1250985.jpg

[PR]
by azu-sh | 2009-12-18 14:02 | 「あづ」の上海観光局
b0074017_22531493.jpg
今日は結婚記念日でした。
わたしからのプレゼントは、プレートを乗せたケーキと大好きな中国語の賛美歌。 

“上帝面前她起誓,爱他永不离弃。愿彼此共负一轭,我俩永不分离。”

(「神のみ前で彼女は誓う
 彼を永久(とわ)に愛すと 
 ひとつのくびきに結ばれ
 二人は決して離れない」)

 二年目もよろしくね!
[PR]
by azu-sh | 2009-12-08 22:57 | 「あづ」の一筆コラム
上海で泊まったユースホステルには商人(あきんど)猫がい~っぱいいました★
b0074017_1102596.jpg

「おーいっ日本のお客さんっ、208号室はここのドアだよ、わかってるぅ~?」
b0074017_173960.jpg

猫に先導されてドアを入ろうとする、でもちょっと上を見上げたら…!びっくり!
b0074017_195956.jpg

あっマリオットが見える!五つ星ホテルの足元にある民家みたいな小さな安宿♪
b0074017_185887.jpg

旅人を出迎え、旅人を癒し、旅人の話し相手をし、旅人を送り出す、宿の猫たち。
[PR]
by azu-sh | 2009-12-01 01:19 | 「あづ」の上海観光局