★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リラックマのいる生活♪

b0074017_14171218.gif 完全に同僚の影響ですが…(笑)リラックマ、かわいいですよね~。大好きです。最近こんなにハマったキャラクターはちょっとないってくらい。単純なかわいさに心がやんわり癒されます。



b0074017_14191722.jpg スーパーで見かけてつい買ってしまったリラックマかまぼこ♪どこまで切ってもリラックマ♪あぁ、たまらない。食べちゃいたいくらいかわいい。食べちゃうけど…ね。



b0074017_14195283.jpg








b0074017_14254149.gif
 かまぼこの板の裏にはリラックマの焼印が…♪
 捨てられなくて、宝箱行き。 ↓


b0074017_14201546.jpg
 うちにもマフラーを巻いた小さなリラックマがいます。我が家のアイドルです。だんなは「リラ、パパだよぉ~♪」と言ってはかわいがっています(笑)こんな他愛もないものなのに、あづの心をわしづかみにして、ゆったりほぐしてくれるかわいいリラックマ。今はお弁当箱も小銭入れもミニタオルもデコメールも…リラックマ一色の生活。これからも当分、楽しませていただきます。


b0074017_1424341.jpg

b0074017_1427508.gif
[PR]
by azu-sh | 2010-05-24 14:52 | 「あづ」のおもちゃ箱

アンナの書いてくれた絵

 中国・南京に中国人の親友がいます。わたしが具合が悪くなると、いつも電車に乗って上海まで会いに来てくれたアンナ。わたしより少し年上だったけど、年齢以上の落ち着きと賢さと愛情を持っていて、わたしのことを妹のようにかわいがってくれました。人の話を聞くときはまっすぐ目を見て真剣に聞いてくれる、時には涙を流しながら。あんなに親身になってわたしにぶつかってきてくれた人はそういません。だから本当に貴重な友人です。わたしが上海で病気になった時、彼女は自作の絵を持ってお見舞いに来てくれました。
b0074017_12413975.jpg

 絵の裏には、「请为了所有爱你的Person,忍耐到底!!」(どうかあなたを愛するすべての人たちのために、がんばり続けて!!)と書いてあります。

 こういう友がいたから忍耐できた。こういう人がいたからあきらめなかった。
 先日実家に帰った時にアンナの絵を見つけて、胸が熱くなりました。
 ありがとう、わたしもあなたの幸せを祈っているよ(^^)
[PR]
by azu-sh | 2010-05-21 12:52 | 「あづ」の一筆コラム

楽しいことが正しいこと

 心が自然に望むこと。心地よいこと。楽しいこと。
「いいかい?そういうものはみんな“正しい”んだよ(^^)b」
と、だんなに言われました。人はみな、生まれながらに神様から与えられた良心がある。その良心を裏切ったりしない限り、自分の心の望みに耳を傾けてあげていい。楽しいことは正しいこと。
「もっと自由に、気楽に生きてごらん。ほら、あづのブログのテーマは“生きるって可笑しい”だろう?本当はあづはそのことが誰よりもよくわかってるんだ。」

 そうだね、泣いてばかりでごめんね。わたしだって生きることがおもしろくてたまらない時期があったんだ…。明日の来ることが待ちきれない時期があったんだ…。だからわかるよ、楽しく生きられたらどれほど愉快か。そうなれたら、一番いいよね。…わかった、腰を上げてみるよ。楽しいことを見つけてみる。自分の意思で自分の思考を変えてみる。今なら、できそうな気がする。

 ↓ “一步一步来,一定做得到” (一歩ずつやってごらん、きっとできるから)
b0074017_16382832.jpg

 
[PR]
by azu-sh | 2010-05-13 16:39 | 「あづ」の「うつ」

水に流せない過去

 悔しい。上海で過ごした最後の三ヶ月、わたしはまともに記憶がない。
 上海で思いきり遊んで働いて、親が世話を必要とするまで日本には帰らないと思っていた。上海からさらに次の外国へ引っ越すことも考えていて、行く町も決めて飛行機のチケットを探し始めていた。それなのに。意識のないまま自傷行為を繰り返し、強制入院になった。起きていて少しでも余力があるとすぐ死のうとする。だから全身麻酔を受け、ベッドに縛り付けられた。

 たぶんわたしが未だに上海に執着しているのは、帰り方が自分の意思ではなかったからだ。あんなに大好きだった街から、追い出されるようにして帰国して。帰国便の手配だって誰かがしてくれた。わたしは周囲で起きていることが何もわからないまま、いつのまにか日本にいた。

 大好きだったルームメイトに癒えない心の傷を残して。尊敬していた上司に「これ以上迷惑をかけないでくれ」と言われて。担当の看護婦さんから「お願いだから病院で死なないで」と泣きつかれて。でもわたしは頭と心が麻痺していて、目の前の人がなぜ困惑しているのかまったくわからなかった。どうしてこうなっちゃったんだろう。なぜわたしだけ、こんな惨めな姿で上海を離れなきゃならなかったんだろう。

 今、十分罰を受けている。こんなに、こんなに苦しい。
 三年たった今でも、水に流せない。


 ↓ 上海・南京路のホテルで。
b0074017_1395055.jpg

[PR]
by azu-sh | 2010-05-08 13:11 | 「あづ」の「うつ」

またまた新しい先生

 このところ、わたしの精神科の主治医が毎年春に異動になり、四月になるたびに新しい先生になります。先日、今年の新しい先生に初めて会ってきました。いつも「女の先生がいいです」とリクエストするので、今回も女医さんなのですが…なんだか今までと違う雰囲気。テンポの早い受け答え、的確過ぎてドキッとさせられる指摘、わたしの発言を打ち消すような反応、男性的な視線、冷静で素早い診断…今までの物柔らかな先生たちとはまるで違う、テキパキとしたやり手の医師でした。最初、(ちょっと怖いかも…)と感じたほど。これから少なくとも一年間この先生と付き合っていくことになりますが、早くもおじけづいているわたし…。薬も今まで三年間くらい変えたことがなかったのに、たった一回の診察で変更になりました。これからの病院通い、慣れるまではちょっと緊張しそう…。

 さてさて、巷で噂になっている有名なパフェの食べ放題に行きました。ソフトクリームも三種類、フルーツもいろいろ、トッピングの種類も多くて迷ってしまうほど。センスかまわず、いろんなパフェを作りました。
 ↓ こんなのや。
b0074017_12501162.jpg

 ↓ こんなのも。トッピングは和風、大学芋に黄な粉もち。
b0074017_12513089.jpg

 ↓ こんなのはどう?
b0074017_12524961.jpg

 ↓ まだまだ食べられるよ。
b0074017_12535142.jpg

 ↓ これはだんなの力作。イチゴパフェ。
b0074017_12544864.jpg

 創作も楽しめて、おなかも満足。女の子にはたまらないね。
 でもこんなにカロリー摂っちゃってどうしよう?!甘味はしばらくおあずけです。
[PR]
by azu-sh | 2010-05-03 13:11 | 「あづ」の一筆コラム