★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

辛過ぎ注意!!

 友達を呼んでうちで鍋モノをすると、みんなドン引きします。だって、こんなに赤いのです。そして得体の知れないモノがいろいろ浮かんでる…。ちなみにこれは具を入れる前の鍋。唐辛子を大量の油で炒めたラー油の層、約三センチ。
b0074017_17111226.jpg

 どうにも具合が悪く、内科に行ってきました。診察は二分足らずだったけど、とても信頼している好きな先生だったので、会っただけで安堵感が。胃薬を四種類試しても嘔吐が収まらないので、今日は漢方を出してもらいました。薬剤師さんが言うには…、
「冷たいもの、辛いもの、油っぽいものはなるべく控えてくださいね」
 ハイ、わかっております。普通そうですよね。でもそういうのしか受け付けない舌なんです。昨日だって、麦茶飲んだだけで吐いちゃうくせに、唐辛子を片手ひとつかみ入れてジャガイモを炒めて食べてしまった。(涙)だんなに「辛くて油っぽいのダメだって…(泣)」と言ったら、「えっっ、じゃあうちの鍋ダメじゃん!」(笑)
しばらく、あづの大好物の赤い鍋はおあずけです。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-05-31 17:42 | 「あづ」の一筆コラム

「ぬくもり」を感じて…

b0074017_17234782.jpg

 なんとなく「古きよき時代」を思わせるこちらの建物は、浜松市の「ぬくもりの森」に建つステキなおうち。(レトロな感じを出すためにセピア加工☆)
 ここに隣接する手作りの店「ぬくもり工房」が前から好きなわたしは、あるモノをGETしに行ったのですが…残念ながら今回は収穫なし。あるモノとは、木目の残る板や枯れ枝や木の実など山にある材料だけで作られた壁時計。秒針は細い小枝です。前に見た時、一目惚れしてしまって(しかし何年前?笑)、今度こそ高くても買おう!と思っていたのに…。でも、(時計キットを買って、自分で材料を揃えて手作りしたほうが楽しそう)と思い直し、カフェでケーキをいただくことに。
b0074017_1735596.jpg

 いいね~、この佇まい。上海の老房子(租界時代の建物)を思い出します。ヨーロッパに行ったことがないので上海くらいしか思い出せない…(笑)。
b0074017_18444687.jpg

 このところちょっと具合が悪いのですが、温度差のせいかなぁ。人の何気ない一言、目にした光景、明かりが消えた瞬間、立て込んだ予定…などに頭がくらんで目が回り、うずくまってしまいます。五月に入ってから再び嘔吐が始まり、うつ病の薬が取り込めてないのが原因かしら…。パソコンの授業でも今どこをやっているのかわからなくなって、パニックになることもしばしば。気分が落ち込んで、もう何もしたくない。
 でも、こんなこと今は言えない。職業訓練で何が何でも資格を三つは取らなきゃいけないし、一日でも休んだらその分失業保険がもらえないし、みんなから遅れを取ってしまう。修了したら期間を開けずに就職活動しなきゃならないし、甘えが通用する世の中じゃない。でも、でも…。

 ちょっとパンクしそうです。キャパシティの小さいあづだから。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-05-23 17:53 | 「あづ」の一筆コラム

海外は近くなったの?

 あづの携帯のアドレス帳はほとんどいなくなった人ばかり。先日携帯を開いて数えてみたら、この三年間に実に35人もの友人(全員日本人ですよ)が、海外に移住しました。だから、最近(誰かにメールしたいな…)と思っても送る相手がいなくて…(泣)アドレス帳を「あ行」~「わ行」までひとつひとつ見ていくと、だんだん寂しくなってくるのです。そう言う自分も友達を日本に残して海外に住んでたくせに、逆の立場になってみると、見送るのってわびしいですね。友人の行き先は、中国・台湾・モンゴル・ネパール・マレーシア・ニュージーランド…などいろいろですが、その中で今でも連絡を保てているのがたった数人なんて悲しい…。

 ネットが普及して、今では切手を貼らなくても何日も待たなくても一瞬でレターが送れるようになりました。無料でテレビ電話だってできるし、さっき撮った写真も瞬時に送信できる。時代は変わりました。海外は近くなったの?それとも地球が小さくなったの?

 あづも再度、海外移住を目指しています。決して「みんなが行くから行く」のではない。自分の未来予想図と生き方の設計図を考え直す年齢になったのです。そこで、だんなと話し合ったのは「自分たちはやっぱり定住したくない、旅人として人生を歩みたい」という共通の夢。もちろん、わたしが独身で上海に降り立った時のように所持金三万円(!)で「とりあえず住みに」行くつもりはありません。オトナとしての周到な計画とバックパッカーらしいちょっと無謀な冒険心で、今度こそ着実な方法で日本から旅立ちたいのです。

 そう、夢はちょっとオーバーサイズなくらいがちょうどいい。
 叶っても叶わなくても、夢さえあればでっかい人間になれる、と思うから。
b0074017_157312.jpg

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-05-15 01:57 | 「あづ」の一筆コラム
 あづは結婚して二年半で、ずいぶん手話を覚えました(いや、「思い出した」…かな?)。だんなは両親が聴覚障害者ということもあり、手話は家族の共通言語。彼に通訳をさせるとプロ級なのですが、学生時代に手話をかじっていただけのわたしはというと…語彙も少なく、位置関係とかバラバラだし、通訳なんて今はとても無理。でも距離が離れている時や、人に聞かれたくない時、手話ができると便利なんです。騒がしいスーパーでもこっちと向こうで会話ができる。
(わたし)“今日何食べたい?”
(だんな)“魚かな?いや鍋!”
 静かな図書館でも、
(わたし)“ちょっとトイレ行ってくる”
(だんな)“じゃあ、CD見てるね”
とか。全く声を出さなくても会話が成り立つんだから、スグレモノ。

 今回の大震災で政府が会見する時、後ろにたいてい手話通訳者がついていて、(あぁ、これならだんなの両親にもわかって安心だ)と思いました。情報に取り残されやすい聾者には、字幕や手話通訳、メールやFAXなどでの情報伝達がとっても大切。わたしが個人的にびっくりしたのは、今まで手話ニュースを見ていても全然読み取れなかったのに、今回の地震の会見はほとんど手話が読み取れたんです。きっとだんなに鍛えられたおかげですね。今度、義父母に会いに行く時は自信を持って手を動かしてみよう。きっと、今までより深い話ができるに違いない。今から楽しみです。

 ↓ わたしが上海で出会った聾者の友人たち。
b0074017_1754517.jpg

 写っているのは全員、中国人の聾者。来福士広場の味千ラーメンでみんなで弾丸トークしたんですが、三時間くらい中国手話を見続けていると、なんとなく単語がひとつふたつ拾えるようになってきて、最後には発信もできるようになるから驚き。実際はわたしはほとんど筆談で加わっています。帽子をかぶった陸くんは特に仲良くしてた子で、中国の聾者をとりまく環境についていろんなことを教えてくれました。でも暇さえあればメールで「日本人の彼女を紹介してくれ」「手話のできるカワイイ子はいない?」とばかり言うので、「イケメンなんだから自分で探せー!」と怒ってやった(笑)

 ↓ だんながタイで出会った聾者の友人たち。
b0074017_1821095.jpg

 なんと、日本人バックパッカーがタイで聾学校に侵入。学生たちと会って受けた印象は「みんなピュア!」だったというから、貴重な体験ですよね。あっという間に人気者になった彼につけられたあだ名は「鼻高」だったそうな。
b0074017_184518.jpg

 夜の街でも、手話が飛び交っています。

 「聞こえる」と「聞こえない」。これは幸福の境界線ではない。でも…
 「無関心」と「歩み寄り」。これは決定的な境界線だよね。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-05-09 18:17 | 「あづ」の中国手話教室

十八歳の人生観

<まだ“ブログ”というツールもなかった高校生の頃、ノートに詩を書き連ねるのが好きだった。その頃書いた詩が出てきたので、(すっかり黄ばんでいたけど)ご紹介します。言葉に若さが飛び散っていてちょっと微笑ましいけど…わたしの人生観、今でも基本的に変わってないなぁ(笑)>


   十八歳の人生観       あづ(当時18歳)

高級住宅に住んで 部屋にシャンデリアっていい
最高級車に乗って ハイウェイを飛ばすのもいい
だけどね それが人生だったら
人間 さびついちゃうわ

スイッチを押せば 全部やってもらえるっていい
ほしいものがすぐ 手に入るのって悪くない
だけどね そんな生活選んだら
人生 棒にふっちゃうわ

古くてせまいボロ家でいいの
強く明るく生きたいだけ
市場で命がぶつかりあう街
そんな場所で暮らしたい
 
高級レストランで ディナーといくのもいい
エアコンの入った 快適なリゾートホテルもいい
だけどね たまに一晩でいいの
人間 化石になっちゃうわ

人間がもって生まれた生命力
最大限に生かしたいだけ
地球の自然に溶けこんだ街
そんな場所で暮らしたい

自分の弱さに負けたくないの
若い時をむだにはしない
今のうちにきたえてもらって
たくましい私になろう
b0074017_124117100.jpg

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-05-04 12:42 | 「あづ」の創作小部屋