★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本語学校の修了式で

b0074017_2026196.jpg 外国人の未就学児に日本語を教える学校で働き始めて、一週間が経ちました。今では教室に「おはよう!」と入っていくと子供たちが大声で「あーづーせんせー!」と呼びかけてくれます(笑)元気いっぱいでとってもかわいい子供たち。今日は近くの町で今年度前期の修了式が行われ、4人の生徒が巣立ちました。昨年来日したばかりの外国籍の彼らは、1年間の日本語訓練を修了し、9月から地元の小中学校に編入するのです。
 保護者も来賓もいない、子供たちと職員だけのちょっと寂しい修了式。でも、始まる直前になってお客様が!近くの高校で野球の練習をしていた野球部員たちが飛び入り参加してくれたのです。真っ黒に日焼けした野球部員のお兄さんたちが入ってきたのを見て、子供たちは大はりきり。4人の修了生たちはすっかり上手になった日本語でスピーチを披露しました。5歳から10代後半の在校生たちも立派に送る言葉を言えました。

 一年間、子供たちを指導してきた先生たちも一人一人祝辞を述べました。なぜか勤務一週間のわたしまでマイクを持って話す羽目に…。先生方のスピーチの中で心に残った話がいくつかありました。

「みんなは自転車です。自転車には二つの車輪があります。みんなの持っている車輪のひとつは日本語、もうひとつは母語です。あなたは中国語、あなたはタガログ語、そしてあなたはポルトガル語です。みんなは車輪が二つあるから、ひとつしかない人に比べ、どこまでも遠くへ行くことができます。でも二つの車輪のうちひとつがパンクしてしまうと、自転車は前に進みません。だから、これからも日本語と母語の両方をしっかり勉強してどちらも大切にしてください」

「みんなは虹の学校を卒業しました。虹は七色です。だから日本の学校に行ったら、友達を最低七人作ってください。ここに入ってきた時、みんなは全然笑っていなかった。でも今日、みんなは笑っています。これからも笑顔でいてください。日本の学校に行っても、笑顔でいれば必ず友達ができます」


 必死で涙をこらえていた先生方もたくさんいらっしゃいました。日本という異国で、言葉も習慣も違う学校に放り込まれて、なじんでいけるかしら?今までは優しい先生と同じ外国人の友達に囲まれて毎日楽しく教室に集まっていたけれど、来週からは日本人ばかりの小中学校に飛び込んでいく。いじめられないかしら?くじけてしまわないかしら?学校で友達を作れるかしら?日本語の授業についていけるかしら?…
 でも、既にたくさんの難しさを乗り越えてきたたくましい子供たちを見ていると、そんな不安はきっと一時の心配に過ぎないのだろう、と思います。わたしはたった一週間、彼らと共にいただけですが、子供たちからとても大切なことをたくさん教わりました。「感情は自由に表現しよう、うれしかったらリズムに乗ろう、大好きな人には抱きつこう、わからない問題はわかるまであきらめない、外国に行っても自分を捨てない、両親と母語に誇りを持とう、好奇心があれば恐れなんか笑いに変わる…」。一週間、まるで自分が外国に留学したかのような収穫があり、我が教室の子供たちの歌う「BELIEVE」を聴いていたら胸にグッとくるものがありました。

  たとえば君が 傷ついて
  くじけそうに なった時は
  かならずぼくが そばにいて
  ささえてあげるよ その肩を
  世界中の 希望のせて
  この地球は まわってる
  いま未来の 扉を開けるとき
  悲しみや 苦しみが
  いつの日か 喜びに変わるだろう
  アイ ビリーブ イン フューチャー
  信じてる


 実のところ、一旦採用されたわたしですが県の予算の関係で今後引き続き雇ってもらえるか、まだ結論が出ていません。でもたとえ解雇になるとしても、わたしはこの子たちに出会えて本当によかった。
 「ありがとう」そして「がんばれ!」、大好きなみんな!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-08-26 20:31 | 「あづ」の挑戦!日本語教師

日本語教師になります!

b0074017_18113138.jpg 二月後半に失業してからちょうど半年、今日あづはついに再就職を果たしました!何の仕事かというと…「正規の日本語教師になるための420時間の講習を受ける」ことと、「外国人の子供たちに日本語を教える」こと、「生徒」と「先生」の二本立てです。日本語教師になるための420時間の講座は、市内の語学学校で受講すると学費が50~60万円かかるそうです。それを、なんと授業料タダ+教材費タダ+毎週一回東京へのスクーリング費タダ+正社員並みのお給料付きで学べるのです。しかも授業(労働)時間は実質午前二時間、午後二時間のみ。通勤は車で片道一時間と少し時間がかかるけれど、慣れてしまえば平気でしょう。

 日本語教師の勉強は実は10年前にもチャレンジしたことがあるんです。通信講座で学んだのですが、九割ほど進んだのにレポートが提出できなくて修了できずじまい。あのリベンジを図るべく、今回は7人の応募者の中から唯一わたしが選ばれました。たぶん、通信教育を受けた経歴と中国で日本語を教えた経験が買われたのだと思います。来年、海外に引っ越す計画でいましたが、こんな都合のいい話が舞い込んできたので出発を少し延ばして訓練を受けることにしました。わたしは高学歴ではないので、海外で就職活動をするとたいてい学歴で引っかかります。でも、日本語教師としての正規の資格が取れたら、海外での就職に断然有利になります。これで出発前に少し自信をつけられそうです。

b0074017_18105285.jpg 外国人の子供たちに日本語を教えるのは、勉強と並行して実地訓練です。今日は実際の授業を見学しながら生徒たちの名前を覚えるのに必死…。ウィリアムくん、ルーカスくん、ジェイサちゃん、テイシンちゃん…みんな、国籍も学年も母語も違います。日本語もまだつたないので、わからなくなるとタガログ語やポルトガル語、中国語や英語が飛び交います。そのインターナショナルな光景にしばし圧倒されてしまったあづ先生でした。しかし、外国人の子供たちを見ていて感じたことは、なんて素直で表情豊かなんでしょう!気持ちがいいくらい大声で笑い、授業に夢中な子供たちを見ていて、(この子たちならきっとすぐ仲良くなれる、きっと楽しく勉強できる!)と、確かな手ごたえを感じました。

 あづの全く知らない世界。
 外国から来た子供たちに正しい日本語を教え、生活面・精神面・感情面のサポートをする仕事。ちゃんと任務を果たせるように一生懸命頑張ります!今日から始まった、あづの新しい挑戦です!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-08-22 18:15 | 「あづ」の挑戦!日本語教師
 三ヶ月ほど待っていた、「上海でのカルテ」がついに手元に届いた。今後再び中国語圏に移るかもしれないことを予想して、以前の主治医にお願いしていたものである。16ページにわたるカルテには、わたしの上海での治療歴が詳しく記録されている。自分には全く覚えがないけれど、当時の記憶力・計算力・理解力・判断力・認知力などのテスト結果もあり、読んでいて失笑…。全部中国語で問答していたので、わたしにとっては中国語の会話能力テストみたいなもの。

医師 「742650、はい、この数字を覚えて」
あづ 「742650」
医師 「100引く7は?」
あづ 「93」
医師 「さらに7を引くと?」
あづ 「86」
医師 「日本の首相は誰?」
あづ 「安倍さんです」
医師 「500gの鉄と500gの綿はどちらが重い?」
あづ 「同じです」  (→引っかからなかった!)
医師 「ニワトリとアヒルはどこが違う?」
あづ 「アヒルは泳げます」

 このようなやりとりが延々と一字一句、残されている。医師の書いた記録の中には当時のわたしの気持ちが如実に現れている箇所もあり、ハッとさせられた。

「中国語で話すことができ、視線も正常、笑顔を浮かべながら低い声で話す。“先週の木曜日から調子が悪くて、たくさん薬を飲んだ。でも死にたかったんじゃない。少しでいいから苦痛から逃れたかった”と言う」

「三歳の時に両親が別れ、姉と引き離された。子供の頃、父親は子供たちが互いに会うことを禁じており、大きくなってから再会した。今日母親が自分の元からいなくなる夢を見て、とても悲しくなったと話す」

「一週間何も食べていない。スイカを少しと水を少し。たまに牛乳を飲む。昨晩、無感覚になりたくて50度の酒を一瓶飲んだ。今日の午前中、刃物で自分を傷つけ、左手に生々しいたくさんの傷を作る」

「情緒が不安定で強烈な抑うつ状態にある。“薬をたくさん飲んで運転すれば死ねると思った”と話す。“今でもそう思う?”と尋ねると、“わたしは27歳になったら死ななきゃいけないと決めている”と話す」

……わたしは日本でうつ病を発病し、上海で再発した。上海では数え切れない自傷行為や自殺未遂を繰り返し、二ヶ月入院した。記録によると、ECT(当時のいわゆる電気ショック治療)を10回受けている。病院の食事がまずかったから、お見舞いで持ってきてくれるお菓子しか口にせず、みるみる痩せていった。

 海外で病院にかかったこと、それも精神科に入院したなんて、何の自慢にもならない。それどころか、会社にも友人にもルームメートにも家族にも多大な迷惑をかけてしまった。でも、あれから数年たった今、当時のカルテを手にしたわたしは、あの時の痛みの記憶と世話してくれた先生や仲間たちの心配そうな笑顔をこうして思い起こすことになった。

 「うつ」はとても、とても苦しく、数々の原因不明な体の不調と、経験した者にしかわからない悶えるような抑うつ感情につきまとわれる。生きていることが、息を吸うことが、こんなに認めがたく許しがたい。明日が来ることなんて考えられない、今この瞬間にでも命が尽きてくれたら…と呪いのように念じ続ける。わたしもまた、そんな日々を繰り返していた。数年おきに大爆発が起きる。そんな時、何が、誰が、救いになるのか。

 李医師、龍看護師、入院仲間だった中国人の友人たちに言いたい。わたしは、生きてるよ。それも惰性ではなく目的を持って。投げやりではなく、喜びを持って。病気は治ったわけじゃない。これからも一生病院のお世話にならなくちゃならない。でもね、あづは「明日のために生きたい」って思えるようになったの。だから。あきらめないで、あなたも。大丈夫だから、苦しくても死なないで。わたしは、絶対に打ち負かされないから!
b0074017_17421615.jpg

[PR]
by azu-sh | 2011-08-19 17:46 | 「あづ」の「うつ」

TIME IS・・・

 先週だんなの実家に帰って、わたしが三年間催促していたものを見せてもらった。それはだんなの子供時代の写真。どんな顔で、どんな服着て、どんな仲間と、どんな所に行ったのか、興味があったから。わたしたちはそれぞれ違う県で違う学年で、何の接点もなく子供時代を過ごした。でも、古いアルバムをめくって面影の残るあどけない顔を見たらふと涙が出そうになった。
 矢野さんの、あの曲が頭の中で流れていた。

TIME IS
b0074017_15330100.jpg

あなたの 子供の時間(とき)を たずねた
学校休む アイスクリーム落っことす
髪をのばして また切って
いつもあなたは 遠くを見てる
わたしを探して いるように
どこかであおうと あなたは言った
TIME IS… TIME IS…
小さな子供は おとなになって
いつかわたしを抱きしめる
小さな子供は おとなになって
いつかわたしの前に立つ


 小さかった頃。キミはどんなお嫁さんがほしいか考えたことあったかな?クラスの美少女にあこがれたことがあったかな?自分が将来結婚するなんて、想像したことあった?小学校の人気者だったキミ。サッカーの選手だったキミ。写真の中に小さいキミがいる。手を伸ばして触りたい。こっちにおいで、と手招きしたい。小さいキミがいとおしい。

 いつしか出会って夫婦になって、一緒に整骨院に通っている。(笑)「腰がむちゃくちゃ痛くて」…と訴え、先生にバキバキッと技をかけられているキミ。先に終わったわたしは、整骨院でかかっていたビーチボーイズのココモを聴いてノリノリになっていたりして。
 人間の持ち時間って短いけれど、おもしろいことがいっぱいだね。子供の頃、(10歳で年齢止まればいいのに)って思ってた。でも10歳で人生が止まっていたら、キミとわたしは二人の知らない小学生のままだった。

 おとなになって、わたしの前に立ってくれてありがとう。
 根気よく、整骨院通おうぜ♪
b0074017_14585577.jpg



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-08-12 15:00 | 「あづ」の一筆コラム

お父さん、お母さんへ

 「わたしたち来年留学しようと思ってるんだ」
 とうとう、双方の両親にそう話しました。わたしたちも結婚して三年目、だんなはまだ若いけどわたしももういい歳だし(笑)、つまりは両親もそろそろ壮年期→老年期。親が元気なうちしか自由に動けないという現実もあり、わたしたちも行くなら今だと思い切ったわけです。

 最初はわたしの父に。「おぉ、行けばいいじゃないか。向こうに行ったらお父さんも呼んでくれよ」とのこと。上海にも遊びに来てくれた父ですから、招待すればきっと勇んで来てくれるでしょう。

 次はだんなの両親に。お母さんは「中高年になってからやりたいことがあってももう時間切れだよ、わたしは若いあなたたちの夢を応援する。行ってらっしゃい」との頼もしいお言葉。お父さんは「子供の夢を邪魔するのが一番いけない親だ」と言いつつも、「だけど、ホントは孫がほしいなぁ。近所の人たち、みんな産まれてるもんなぁ…」と本音をついポロリ…(笑)ごめんね、でもありがとう。

 最後はわたしの母に。これが一番難関だと思っていました。いまだに子離れできない母、わたしへの依存も強く、寂しいのがキライ。でもわたしを上海に送り出してくれたのも母だったから、今回も期待して…。母の反応は「……」という感じでした。わたしが「わたし、上海にいた時二年以上一度も帰国しなかったけど、今度はちょくちょく顔出すから。今はメールもできるしね!」と言うと少し和らいだ表情に。母の願っていることはわかってるんです。「お母さんは孫を抱きたい…」う~ん、それを言われるとつらい。でも、なぜ留学したいか話したら、涙も見せずに賛成してくれました。

 これで第一関門、親の同意は得られたわけですが、問題はまだまだ…。わたしも海外生活初心者ではありませんが、行く都市が違えば勝手も違う。気候や食べ物、物価や家賃、留学先の大学情報や医療環境…。わからないことはいっぱい。でもうまくいかないことすら楽しむつもりで、夢の実現に近づけたらいいな。

 よーし、今からいよいよ本格始動。
 あづ、二度目の日本脱出に向けてはじめの一~歩!
b0074017_12522716.jpg


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-08-07 12:54 | 「あづ」の一筆コラム

事故ったぁぁ~~(泣)

 愛車ラパンの右側面がべこべこに凹んでしまいました。鍵穴も使えないし、後ろのドアちゃんと閉まんないし(涙)…おととい、道路を直進していたら、交差する道から突然車が右折してきてラパンのおなかにがっしゃん!相手の運転手さんいわく、「右だけ確認して車がいなかったから発進した、左を全く見ていなかった」とのことでうちのラパンちゃんは見落とされてしまった模様…。相手側に「一時停止」の標識があるので、相手の不注意が主な原因らしい。真横から突っ込まれたうちの車は大きく損傷し、運転していただんなは肘や首、助手席にいたわたしは頭を打ってしまいました。救急車も来たのですが、連れて行かれずにすみました。しかし…わたしたちを守ってくれたラパンちゃん~~かわいそ~~!今日板金屋さんに持って行きました。早く元気になって戻ってきてね~(泣)

 というわけで、あづは夏休み中…(笑)

 皆さん、事故は気をつけましょうね★
b0074017_12104543.jpg



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-08-04 12:11 | 「あづ」の一筆コラム