★2012年8月、およそ6年ぶりに中国上海に帰ってきました!このブログは「AZU」が綴る、上海(サンヘー)滞在記録。ワクワクの上海生活、まるごとお届けします。ほらね、生きてるってこんなに可笑しい★


by azu-sh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 最近、だんなとの一番ホットな話題は、「もし上海に留学するならどの大学に行ってみたいか?行く価値があるのは何学部か?」という現役高校生のような話。最初は中国の北方か台湾に行きたかったのですが、なんとなく(というよりあづの強い希望により)今は上海が最有力候補。わたしの場合、上海で10ヶ月間一緒に暮らした上海人のホストファミリーが、「留学に来るなら絶対上海にしろ!」「保証人でも家探しでも何でもうちに任せておけ」「そしていつか赤ちゃんを産むなら上海の新華医院でね!」と余計な(ホントに余計ですよね)お世話を焼いてくれるので、この“親戚”を頼って上海に行くことになりそうな…予感。

 上海、といえば中国一の大都市ですから、大学もピンからキリまでたくさんあります。どうせ現役受験ではないのだし、どの大学も学費はそう変わらない。だったら、行ってみたいところをとことん絞ろうじゃないか、と。候補はいっぱいあります。わたしが最初に目をつけたのは名門・復旦大学。でも行きたい学部がないことが判明して…断念。上海にいた時、(学生のふりして)お忍びで講義を聴きに行ったり、(学生のふりして)大学の学食で安いごはんを食べたりしたなぁ…あと(学生のふりして)マクドナルドで学生優待券も使っていたっけ…。すみません。でも童顔っていろいろ役立ちますなぁ。(笑)
 それはともかく、この歳で留学計画なんて、ワクワクしますね。

 そういえば、先月受けたHSK4級(中国語の検定試験)の結果が出ました。わたしは思わず舌打ちして顔をしかめてしまった…。聴解、読解、作文、三部門の平均は96点。300点満点のところ、わずかに満点に及ばなかった(泣)。そこへだんなの厳しい一言。「だって、あづが試験勉強しているところを見たのは、当日試験会場に向かう地下鉄二駅分だけだった!それで満点なんてありえない!」
 そう、全く無勉強で臨んだ人生初のHSK、結果はそんなに甘くなかった…。来年のHSKは必ずしっかり勉強して高級レベルでの高得点を狙います。中国に行く前に一番上の6級が取れるかなぁ?いや、この調子じゃ無理でしょう…?!

 HSK試験当日、東京メトロの地下鉄の中で、参考書片手に私が必死に撮影していたものがこちら。 ↓
b0074017_1651053.jpg

 何に使うかって?日本語の授業の補助教材です。いつも街の中で目を皿のようにしてこういう日本語標示を探してるわたし、もはや職業病です。しかも、電車の中で写メ撮ったりして、マナーがないのはどっち?

 目標に向かって走れ!中国語も、日本語も!



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-11-30 16:14 | 「あづ」の一筆コラム

クラスで映画を作ろう!

 小学校時代の楽しい思い出、それは5、6年生の時にクラスで映画を作ったことです。担任の男の先生が「本当は教師ではなく映画監督になりたかった」という大の映画好きで、クラスの子供たちにほぼ一ヶ月に一本は映画を見せてくれました。「アメリカ物語」などのアニメから、「ロジャーラビット」などの合成映画、「黒い雨」などの戦争映画(早送りして観た…)や、「スイートホーム」などのホラー映画(もはや誰も目を開けていられず…)、チャップリンの「モダンタイムス」のような喜劇映画や「ビッグフット」などのホームコメディーなど、いろいろ観ましたが、先生一押しでクラス全員がハマったのがこのシリーズ。
b0074017_21224112.jpg

 そう、当時一世を風靡した「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。子供でも容易についていけるストーリー展開、ハラハラドキドキするシーンが次から次へと続き、タイムマシーンに乗って過去や未来に行けるという発想のおもしろさや、車が空を飛んだり、おなじみの「お約束シーン」に爆笑したり、不思議なタイムパラドックスが起きたり…、みんなもう夢中!

 わたしたち子供も徐々に先生の思惑(?)にハマり、ついに「ぼくたちも映画に出たい!」「みんなで映画を作ろう!」という声が上がりました。ニンマリした先生は、「学級会」の時間に映画の構想を練り、「図工」の時間に大道具・小道具を作らせ、授業時間を映画作りにたっぷりあててしまいました。シナリオを書くのも、セリフを考えるのも、役を決めるのも、クラス全員で。わたしは大道具チームのリーダーになりました。
 もちろん、スピルバーグの洗礼を受けた先生のことですから、作りたい映画もハリウッド映画のミニチュア版。六年三組の通称・博士くんが、タイムマシーンを発明するところからストーリーが始まります。最初は一年前の自分たちを見に行く、という思い付きでタイムマシーンに乗り込んだわけですが、お決まりのタイムパラドックスが起こり、時間と空間の間にひずみができてしまう。たどり着いた「過去」は、悪の勢力が学校を支配しており、博士くんたちはなんとか現実の世界を取り戻そうと戦うわけです。
 わたしは、大道具担当だったのでタイムマシーンを作りました。まぁ、こんなカッコいいデロリアンにはなりませんでしたが…(笑)
b0074017_21353520.jpg

 できあがった作品は30分強の超大作。衣装も演技も演出も凝りに凝って、みんなの納得のいく作品に仕上がりました。もちろん、連日徹夜で編集作業をした担任の先生の目のクマはひどいものでしたが、映画監督になるという夢を果たせたのだから先生もうれしかったのでしょう。出来上がった作品をある雑誌に投稿したところ、見事グランプリをとり、賞金が送られてきました。クラス全員の祝賀ケーキ代に消えてしまったのですが、今思うと給料のほとんどを映画作りの機材につぎ込んでいた26歳独身の担任の先生のお財布に入れてあげればよかった…かな?(笑)

 六年三組では、卒業までに映画を5本製作しました。最初はセリフもない5分程度のコマーシャルのようなものでしたが、最後の作品はストーリーも演技も編集技術も磨きがかかり、衛星放送で紹介されるほどの力作を作ることができました。楽しかったなぁ…、クラス一丸となってあんなに打ち込めるものを提供してくれた先生、子供たちの創造力を存分に生かし、最高の思い出を作ってくれた先生に感謝でいっぱいです。そして大人になった今でも、再生するとそこに六年生の自分がいるという感慨もまた格別…。

 久しぶりに実家に行って当時のビデオを観たくなりました。



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-11-23 21:55 | 「あづ」の一筆コラム
 最近、とーっても忙しいんです。普段の仕事に加えて日本語教師養成講座に通い、その宿題がまた半端ではな~い!今、提出課題の「90分授業の教案」を三本かかえております。整骨院が終わったと思ったら次は歯医者さん。寝る間も惜しいから、朝早い出勤がきつくてたまらない。次から次へとやることがあって、今日は教室でドタッと倒れてしまい、学校の休み時間にだんなについメールで泣き言を…。

 「あづはもう限界です…」

 だんなはなんとおとといの夜中、救急車で運ばれたばかり。何度も襲いかかる下腹部の激痛にビクビクしながら過ごしているところ。それなのに、はるばる一時間半の道のりをバイク飛ばしてわたしの職場まで会いに来てくれました。そして、「はい、あづ。これで午後も頑張ってね」と栄養ドリンクとチョコレートを…。

 体が絶不調なのに、昼休みに駆けつけてくれたキミの後ろ姿に涙をこらえながら、教室に戻りました。今日、笑顔で午後の教壇に立てたのはキミのおかげ。

 ありがとう。
b0074017_93211.jpg


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-11-15 21:31 | 「あづ」の一筆コラム

こころの洗濯

b0074017_17222936.jpg

 今日、学校でマヤがあづせんせいの耳元でとてもきれいな英語の歌を歌ってくれた。ありがとね、マヤ。せんせいは、感動して泣きそうだったよ。

 ケン、日本語の書き取りのノートが二冊目になったね、おめでとう。よくやった!今日キミだけ宿題がないこと、クラスメイトには内緒だよ。OK?
 
 アレクサが新入生のケジアにわたしのことを紹介してくれた。「アヅーシャせんせい」…え?ちょっと待って。おいおい、わたしはロシア人かい?(笑)

 アエッサが帰りの車の中で「あづせんせいのくるま、いちばん、すき」。毎日、いろんな先生に送迎してもらってるのに、うれしいこと言ってくれるじゃない。

 不条理なことばかりで何をしてもちっとも気分が晴れない。
 でも。
 この子たちといる時だけ、心に晴れ間がさす。
 汚いものを全部洗剤につけて、青空に干しちゃおう。

 キミたちがくれた「晴れマーク」は、わたしの心のワッペン。
b0074017_17235425.jpg



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
もうひとつの「サンへーブログ」もよろしく!

★日中二ヶ国語ブログにも遊びに来てね! → AZUのサンへーブログⅡ
 一回でアクセスできなかったら再度試してみてくださいね。
★最初に中国語で、そのあと日本語でほぼ同じ文章が書いてあります。投稿した全文を見るには「查看全文>>」というところをクリックしてみてください。
★コメントは日本語でも中国語でも書けます。でも説明が全部中国語ですので、「コメントしたいけどできないよ~」という方は、こちらのエキサイトブログにコメントしてね!待ってま~す♪
[PR]
by azu-sh | 2011-11-07 17:33 | 「あづ」の一筆コラム